新規コンテンツ
患者さんそれぞれお口の中の状況は違います。
基本はセルフケアですので毎日のことなのでしっかりしてください。
当院の診療方針として、虫歯に関して言うと、早期発見、長期経過が基本になります。(早期治療でないのがポイントです)(ただ、治療の必要がある歯、経過観察の必要があるは、事前にしっかり診断しご説明します)
虫歯へのなりやすさには人によって原因が全く違います。フッ素を塗って定期健診をするだけでは足らないレベルの方も多くいます。当院では、一人ひとりの虫歯リスクに応じ、アプローチが違うことを歯科衛生士を中心としてご説明します。正しい知識と、自分に合った日常生活でのアプローチが必要です。
虫歯に関して言うと、唾液の質や量、食生活、菌の種類、年齢など歯磨き以外の要因も大きく関連してきます。
楽しく予防していきましょう。

また、歯周病に関して言うと、そのステージによって対応は全く変わってきます。
歯周病は慢性炎症疾患です。炎症のコントロールやそれを可能とするセルフケア可能な口作りが治療になります。
歯周病が進んでいない方は、まず私たちが呼ぶ中程度の歯周病に移行しないよう、正しい知識と正しいやり方で現状をしっかり維持していくことが非常に大切になります。正しい歯磨きを再確認し、お口の中の菌の状態、唾液の状態、歯垢の残り具合をしっかり定期的に確認し、現状を維持していきましょう。
また、中等度以上の方(歯石を取る前の検査時にそのリスクについてお話させていただきます)は、やはり、正しい知識と、適切な処置が必要になります。リスクに応じお口の唾液や、潜んでいる菌、または現在の歯を支えている骨の状況によってアプローチが変わります。あなたにとって最適な予防法をご提案します。重度の歯周病に移行しないよう現状を何年にもわたって維持していくことがポイントになるかと思います。

重度だけどどうにかしたい方は、抜かずに残すことが他の歯や口の中にダメージになる部分を抜歯して、その上で残せる歯へのアプローチをしていきましょう。保険適用の再生療法リグロスの使用など外科療法をうまく併用して炎症の少ない口作りをしましょう。

虫歯にせよ、歯周病にせよ、正しい歯磨きは、お口の中を清潔に保つのに必ず必要なことです。
歯ぐきの厚みや、柔らかさ、ブラッシングの強さによって、適切な歯ブラシはそれぞれ変わります。
誰もが同じ歯ブラシでいいことはありません。歯科衛生士お勧めの歯ブラシをぜひ使ってみてください。気持ちよさや、汚れを取る効率、きちんと汚れやプラークを取れる感触、あなたの行動すべて変わってくるはずです。

現在、定期的に来院していただける患者さんが増えてきました。しっかりとご自身のリスクを把握していただき、歯で悩まない毎日のお手伝いをしたいと考えています。お任せください。

歯周病、むし歯とも生活習慣病です。いくらいい治療や、コンセプトを持っていても、
いかにも虫歯になりそうな、し好品の摂取、喫煙、歯磨きをする習慣がないなど、リスクです。その生活習慣を改めることがスタートです。