一緒に働いていただける歯科衛生士の方を募集します
ご応募ありがとうございました。歯科衛生士の募集は終了しました。歯科医師も口腔外科出身の先生に来ていただくことになりました。ご応募ありがとうございました。

患者さんの増加により、一日中、結構忙しいです。当院のこだわりとして滅菌、殺菌、ディスポ製品の多用、と清潔な環境での診療を行っております。そのぶん、安心して治療を受けていただけますし、安心して勤務いただけます。スタッフが自分の家族、知り合いをよく連れてくるのも特徴です。ただ、根管治療薬やCRの先っちょのチップも毎回必ず交換しますし、しっかり分別して捨てますし、ファイルもディスポです。いろいろなものにカバーして回りますので、患者さんが交代する時は、マッハのスピードでそれをすべてやってもらっています。方向性としてはゆっくり1日10人くらいを診る、その辺ばっちりのヨーロッパの病院のレベルに保険治療の中でも近づけていくことです。抗菌スペクトルを理解し、アルコール消毒を減らすのが今後も目標になってきます。
現在はドイツのRKIガイドライン通りの診療を行い、ウィズコロナ最強じゃないかと自負しています。
ドイツの滅菌器メーカーメラグ社が推奨するヨーロッパの感染対策バッチリの病院の仕組みで
ウォッシャーディスインフェクター2台、クラスBオートクレーブ2台、クラスSオートクレーブ2台を駆使して滅菌をおこなっています。清拭環境としてはドイツの消毒メーカーデュール社の仕組みをほぼ全て入れていますのでチームメンバーは働いていて誇りしかありません。
また、ドイツのウェンマン社のオートディスペンサーを各チェアサイド、印象コーナー、中央のステリライゼーションルームに1台ずつ計8台完備しており、日本に輸入した第1号です。(令和3年3月現在本当はもう一つ日本一を目指していて動いていたりします。)


 ただ、もっとも基本的で大切なことは感染したグローブのまま棚やそこらじゅうをさわらない、引き出しをあけない、必ずグローブをはずしてするべきことをするに行きつくように思います。(意外にみなさんできていないので、当院に入ってまず注意されることかと思います。)

治療を一生懸命するのと、滅菌環境がしっかりしているのでスタッフの入れ替わりが少ないのかなと思っています。なぜか他の医院の衛生士の患者さん、他院勤務のスタッフさんの患者さんが多く、この清潔を求めてこられるのならいいのですが、当院だと保険材料で治療するので、自分の医院で一番いいもので医院負担でいい素材で治療してもらったほうがいいのかななんて思うこともよくあります。緊張するので頼むから自分の医院で治療してほしいなと思うのが本音です。

新しいことをどんどん吸収して新しいことを行っていきたいあなた、意欲あふれるあなたに最適な職場だと思います。また、人間関係はいいと思います。勤務中、休憩中ともにスタッフの笑顔が絶えないのが当院の自慢です。Dr1名の許容を超えている患者さんが来院されているので、院長は最近、患者さんとの雑談は少なくなっているように思います。そのぶん、しっかりスタッフに患者さんの思いを聞いてもらい、フォローしてもらっている状況です。診療中は院長はプレーヤーとしてしっかり治療しないとまわらないので、皆さんの力が、協力が、チームワークが、情報共有が大切になってきます。ですので診療時間をきって、ミーティングを多くとっています。また、一般的な治療にとどまらず、おそらくはじめて体験する治療法なども取り入れておりますので、変化するのが苦手な方、自分のこだわった方法を曲げられない方には、やりにくい職場になるのではないかと思っています。

素直な人ほどよく伸びます。年齢は関係なく気持ちが素直な方は歓迎します。
現時点でブランクがあるなど力量に自信が持てない方も、できることから始めていただきますので
現時点での力は問いません。印象やブラッシング、PMTCなど患者さんに痛みを与えないことから
どんどん介入していき、正しいポジショニングやその中で下顎前歯のスケーリングからはじめて、半年で一気にできるところまでのばしていきましょう。
技術に自信のあるあなたも、メインテナンス患者さんは多くいらっしゃいますので
結果という形で反映されますので、自信もって診療に携わっていける環境かと思います。

一生の歯科衛生士人生を有意義にできるようセミナーにも積極的に出席していただいています。ある程度、経験を重ねてキャリアを重ねてくると変化するのがしんどくなってくるので40歳までの方を基本的には募集しております。(ハローワークの分類でいうと育成対象の方の募集になります)少し、または結構オーバーしても我こそはと思う方は、まずお話ししましょう。ご連絡ください。

アルジネートやセメントも自動練和システムや誰がやっても同じように練ることのできるシステムもありますので、アルジネートを練るのがうまい、根充セメントの粘張度が絶妙などの特技は当院ではあまり関係ありません。
むしろメーカーの定める通りにきっちり計量ができて、順番を無視せず決めたことを守れることの方がエラーを出さず、当院では重要なスキルになります。

道具も進化し続けています。とにかく今までとは異なる方法でもいかに早く対応できるか、いかに積極的に勉強できるかが勤務のポイントだと思います。ご希望の方はご連絡ください。よろしくお願いします。

これを読んで、しんどいなと思うか、面白そうと思うか。正直しんどいと思うのは仕方がありませんが、それを考慮しても、頑張ってみようと思うあなたと一緒に仕事をするのを望んでいます。

開業当初は、院長の院長としての経験不足から想いが合わず、数カ月で退職をされた方もいらっしゃいますが、開業時からのスタッフ2人、3ヶ月後に募集したスタッフ1人、平成23年にチェア増設に伴い増員した1名は勤務して10年を超えました。そのあとも5年勤務する者6年勤務するものと続いており、新しい方もウェルカムなスタッフですので、皆で早く協力できるよう(そうしないと医院が回らなくて困るので)親切に何度でも教えてくれるスタッフがお待ちしております。
みな、はつらつと働いており、患者さんの受けも評判も良く、お土産をよく患者さんにもらう信頼関係のある病院に育ってきております。結婚退職、出産に伴う休職もありながら出産明けには復帰してもらいありがたいなと思っております。

いつも意識の高い衛生士さんとともに働きたいと願っております。ぜひ一緒に話をしましょう。


尚、働き方改革が叫ばれている昨今ですが当院も例にもれず、しっかり働きやすい環境整備を行っています。
社会保険完備、労災完備、有給取得率100%(ほぼ、希望日に休んでもらっています)、36協定も結び残業環境もバッチリです。ここでチームメンバーと揉めるのは一番嫌なので、朝の出た時間から就業開始時間の早出残業、昼時間の残業、夕方の残業全て一分単位でタイムカードに記録が残っています。
医科,歯科はその特殊性から法律上44時間労働が基本的に認められていますが、当院は39.8時間労働です。
また、夕方18時には必ず一人は帰宅してノー残業デーを実施できるようにしています。そののちも残ったスタッフで19時になる前に帰宅するよう心がけています。その分、夕方の患者さんの受け入れ時間が減ってしまいましたが、これも困っている患者さんを助けないといけない医療とはいえ、時代背景を考慮した決断ですので、時間を合わせていただける患者さんを受け入れるスタイルに変化しており、仕事の遅い患者さん、中高生からは不評ですが仕方ないと思っています。

このような取り組みもあり、平成29年度 県の有給取得キャンペーンで県内歯科で唯一、県からの表彰を受けました。
平成30年度も同じキャンペーンで同じ表彰を受けています。

せっかく得た国家資格の歯科衛生士の資格を生かせるよう、また生き生きと働いてもらいたいので、ハローワークにでている求人にはうまく反映されない皆勤手当、確実に支払われる残業代、年3回の賞与を含めると、長く勤めているチームメンバーは地域の中では比較的給与もいい方かと思います。(募集段階は他と変わらないかもしれませんが)。
ただ、都市部の給与体系、他業種のよく給与がもらえている会社に比べるとまだまだなところもあり、今後の課題です。せっかくある資格に対して評価が低いのが業界水準ですが、院長も、心に秘めた大台がありますので、医院業績に連動した給与体系で、それをクリアする給与に変化していってほしいと願っており、それが実現できるようにしたいと思っています。
給与目標もクリアしながら歯科衛生士をぜひ夢と誇りのある仕事にしましょう。

ご希望、または見学希望の方は、院内のメール、またはお電話にてご連絡ください。ご応募をお待ちしております。