小児歯科治療
<お願い>
虫歯ができても、来院する前に「ドリルで削ってもらう」「こんな悪い子は痛くしてもらう」「歯医者は痛い」など否定的な言葉を子供に投げかけないでください。子供さんはとても繊細です。また、その言葉が怖くて来る前から怖いイメージで来院する子も多くいます。はじめがスムーズでなくなる原因になりますし、来てみたらあっさりできて「なーんだ。」って拍子抜けする子も多くいるのが現状です。お願いです。子供の治療前に子供の「頑張りハードル」をあげすぎないでください。


私は、子供さんの治療の場合、大人の歯の治療とは
全く別物としてとらえています。

虫歯のレベル(どれくらい虫歯がすすんでいるか)と
その子の歯医者での行動レベル(一人で歯医者のいすに座れるかどうか、お口をあけれるか、
お口の中でいろいろな器具を使わせてくれるか、こわごわお口があけれるか、)
の両者を考え、適切な処置を考えます。

また、痛みの原因は何かを考えます。虫歯をとりきらないと改善しないのか、取りきらなくても(取りきると治療が痛くて、治療にならないなどの状況もあります。)たべものがその歯に詰まっていて、つまらなくなったら改善するのか、大人の歯に押し出されそうになっている歯があってそれで押されていたいのか、などです。

原因を理解し、もうすぐ生え換わる歯の場合、無理に治療をしない場合もありますし、大人の歯の歯並びに悪影響が出る場合、早く歯を抜くようご提案する場合もあります。

全くお口をあけれない子でも、長期的な視点から考えて
虫歯ができにくい方法をしっかり理解してもらえれば将来につながりますので
そのようなお話が中心になって、治療をしない場合もあります。

また、子供さんの歯の構造上、真面目に全部の虫歯を取りきったらすぐに神経の治療に移行するようになり、回数も痛みもかかり、治療費も増える場合があります。その場合、わざと虫歯を残し、症状が出ない状態かつ、虫歯の進行を遅くする処置を行うことがあります。この場合も説明の上、そのコンセプトで詰め物をすることもあります。欠点は埋めた詰めものが取れやすくなること、かけやすくなることですが、説明の上行いますし、取れたらつめ直せば済むことですので、その際は遠慮せずにご連絡ください。大切なのは時間と回数をかけずにスムーズに治療を行い、楽しく歯医者に通うこと、その間に予防診療を理解し、健全な大人の歯を育成していくことです。


基本は「無理に押さえて治療をしないこと」を、モットーにしています。
小さいころおさえてまで治療しても大人になって歯医者嫌いな子を増やすだけです。
わざと悪い言い方をすると無理な中での治療になるので「やりちらかしてしまう」のです。
今も大切ですが子供さんの5年後、10年後をみた治療、予防診療を行っていきたいと考えています。
ご来院の方は、小冊子や、資料をしっかり使い説明しています。
ご来院中の方でそのようなお話を聞かれていない方は
ぜひスタッフにお声かけください。
虫歯を増やさないポイントを一緒にお話ししましょう。

おやつの食べ方やおやつの種類、お母さんのお口の中の状況も子供さんの虫歯のでき方に、影響します。
また、厳密には虫歯とは違うのですが、食べ物や、飲み物が歯を溶かす酸蝕歯と呼ばれるものがあります。どのような食べ方が悪いのか、どの飲み物のほうがまだましなのか、それを示したグラフが待合室のパンフレットたてに立ててあります。ごらんください。また、スタッフにお尋ねください。

また、子供さんはよく歯ぐきが腫れたりします。ブラッシング不良によって腫れている、いつも口があいているなど理由があることもありますし、虫歯菌が歯の神経の中まで到達して、感染しても歯は腫れます。ただ、今の歯ぐきが腫れたのは今の食生活が原因じゃなく2-3年前にできた虫歯の結果かもしれません。食生活が改善され、リスクが下がったにもかかわらず何らかの症状が出た方は、何がまずいのか、一緒に解決していきましょう。子供さんの治療も大人の治療もリスクと現状によって全く異なると思っています。まずは、お話からです。一緒にいい歯を作りましょう。

「いい大人の歯をつくりましょう。」が私からのメッセージです。

尚、笑気麻酔、レーザーなどはありませんので対応しかねます。

また、DVDなどの映像を見ながらの診療も行っておりません。歯医者に来たときだけは虫歯ができたという事実も踏まえ、歯のことを考えてほしいなーと思っています。そういった診療をご希望の方は他院様の受診をお勧めしております。

ちなみにスマホや、ゲームも禁止です。医院は他の患者さんのものでもあります。音を出すおもちゃがないとこれない患者さんには対応しておりません。

また、できるだけ転んでもすぐ起き上がれる子、歯科で少しは痛い思いしても歯のことを考える子に育ってほしいのでその子の頑張れるいっぱいいっぱいをできるだけ顔色や、反応を見ながら探り、できるだけどうにかできるところまで頑張ってもらっています。今時は、無痛治療で何でもできるよなんて意見もありそうですが、全くの無痛治療ではありませんのであしからず。お母さんも、「子供にいたくても頑張ってね、痛かったけどよく頑張ったね」という心構えをもってきてください。いたくなくても少し怖がったら何もしていないのに、絶対いたくないことをしているのに、怖くて痛そうな反応をすることもありますが、私のほうで心得ております。隣からそのたびに「痛い?」{痛い?」なんて反応されると一気に1分2分で決着付けて(場合によっては5秒10秒で削り終わったりします)治療しているのができなかったりしますので、お母さんは過剰に反応せずどーんと構えてこちらにお任せ下さい。

以上、偉そうなことも書きましたが、治療前から泣いてる子もいっぱい診てきた臨床経験を踏まえて、より詳しく、状況が分かるように書いてみましたので、以上よろしくお願いします。

「帰りは笑顔で」
「よく頑張ったね(たとえ本当はそこまでその時は頑張れなかったとしても)」
と言えるような、
次につながる対応をスタッフ一同考えておりますし、私の考え方、当院の考え方を踏まえた対応をスタッフ一同とっているつもりですのでよろしくお願いします。

また、激痛が続いている子は治療を一気に終わらせるためにときには抑えて一気にすることもありますが、ここ7年で何回あっただろうと数えるくらいです。子供の歯は大人の歯ほど痛みが出なかったり続かなかったりしますし(神経の形態、性質上)、その場で痛くても1日2日でで神経が弱ったり、感染部位が落ち着きを取り戻し、今はなんともないという言葉も治療前によく聞かれ、抑えなくても、投薬で落ち着くこともあります。
当院ではできるまで練習で何度でも来ていただくこともあります。それがその子の将来につながると信じているからです。
私も抑えて治療して唇やほほを切削器具で切ってしまったこともあり、危ないので、御急ぎの方には当院は向いていません。
ご家庭の事情など、その日しか来れないけど、うまく治療できないお子様のいらっしゃるご家庭の場合、笑気ガスのマスクをして診療できる医院や、抑制ネット(レストレーナー)のある病院での治療のほうが危なくないと思います。そのような病院にお問い合わせください。
また、小学生になってもまだ、抑えないとできないお子様の場合、力が強くなっていて本当に抑えきれずに危ないので、小学生は抑えて治療しませんので、より、高度な、徳山中央病院など紹介させていただき、静脈内鎮静下での治療をご案内する場合もあります。以上よろしくお願いします。



2016年1月1日現在、フッ素塗布は現在1回500円(463円+37円消費税)のご負担をお願いしています。ご確認のほどよろしくお願いします。