おいしく咬んでますか?

歯を抜いた後でお困りではないですか?

入れ歯が合わない、ワイヤーが見えるといやだ、入れ歯に対してはいろいろな悩みがついて回ります。入れ歯が合う方はそれでいいと思います。よくかめる入れ歯を使用し、快適な生活を送っていきましょう。ただ、問題となるのは入れ歯が合わない方、または入れ歯を入れたくない方です。もちろん、歯を抜いた後何もしない。それも一つの選択肢です。ただ、リスクはありますので何も使わないでいく方はご相談しましょう。



インプラント治療とは、歯が抜け落ちてしまった部分の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上から人工歯を取り付ける治療です。人工歯根の埋入後、一定の治癒期間をおき、顎の骨と人工歯根がしっかり結合したことを確認して人工歯を取り付けます。
天然歯と同じように固定された歯の根を持つ構造なので、天然歯と同程度の咀嚼(そしゃく)力があり、しっかり物を噛むことができます。違和感がなく他の健康な歯に負担もかけません。

術前審査をしっかり行い、提携先の病院でCTを撮影した後、安全に施術を行うことを心がけています。体調、全身的な疾患、インプラントを埋める先の顎の骨の量により総合的に判断して行います。

インプラント埋入の際は、しっかり時間を確保し
十分清潔なエリアを確保し行います。

インプラント治療を実施する場合見積もりをしっかりお出しし、納得の上で始めます。また、信頼関係が構築できてからの治療になりますのですぐにしたい、急ぐなど事情があっても安全、長期的予後を確保できるよう下準備をしてからの治療になります。概算として1本35万円-40万円くらいはかかります。その周りの骨造成など必要な場合お見積りも変わってきます。また、安全な治療のため骨とインプラントがしっかりくっつく時間を3カ月から半年はいただきます。したがって治療開始から実際の歯が入るまでは半年くらいはかかります。ご理解ください。しっかりご相談の上で行いましょう。

歯科の用語でいう3番、6番という前から3番目の歯、6番目の歯のある場所は口全体の健康を考えたときに重要な歯になります。その歯の治療、またはインプラントを使用しないで、その歯を大幅に削ってブリッジをする場合はしっかり長期的な観点から考えていくと、歯の寿命を考える上で、インプラントよりブリッジのほうが条件が悪くなる可能性があります。詳しくはご説明させていただきますがそのような場合インプラントが第1選択肢にあがることもあります。

お口全体を見据えたうえで、長期安定性を求めることが必要な場合ご提案します。


ただ、当院でできるのは、埋める歯の周りの骨が好条件の時のみです。
当院は、連日のようにインプラント治療をバンバンしている病院ではありません。
年間に10件もしてはいません。確実なことを確実なだけ行うスタイルです。

 今の体の状態、骨の状態によって、より高度な治療が必要な場合、より高度な技術をもった先生、病院を紹介させていただきます。骨を作る技術も方法論としてはありますが、私が背伸びしてまでするよりも、患者さん自身の受ける恩恵の多い方法を一緒に探していきたいと思います。


また、基本的にはインプラントは施術された医院で管理すべきと考えています。インプラント体埋入時に事前の骨密度検査ではそこまででなくても、骨がやたらに柔らかかったなど、施術した歯科医師にしかわからない感覚もあるためそれによって、注意することも全く変わってくるためです。
また、上部構造体をねじで固定している場合、仮着セメント使用して、いつでもメインテナンスできるようにしている場合、がちがちに固定している場合、見た目ではわからないことが多くあり、施術した先生しかわからない情報もいっぱいあります。私たちが外そうにもかなり条件を悪くしながらはずす様になる場合もあり得ます。引っ越してこられたのであれば先方の先生に聞くこともできますが、近くの先生には聞くこともためらわれます。その先生に診てもらうのをおすすめします。

 また、当院も、自分のしたことに責任を持つ意味で自分の扱っているメーカーのキットしか持っていません。インプラントに関していうとまだねじの形などは統一基準にはなっていません。各メーカーでのねじの形、緩みなどに少なくとも他の病院で施術されたものに関して言うと、ねじをきつくしたりもできない局面もあるわけです。したがってたとえ他の場所の治療であってもインプラントを埋入されている場合、そのほかの歯の処置も最低限にとどめ、いつもの病院で診ていただくようお勧めしています。以上当院からのお願いです。